スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RGBの映らないマスターシステム

セガマスターシステム向けにRGBケーブルを作ってみたのですが、
同期信号は認識されているものの、肝心の画面が映らなかったので
分解してチェックしてみました。

マスターシステムについてはRGBが映らない個体があるそうなので、
回路的に映らないのであれば改造することを考えていたのですが、
映らなかった原因は別にありました。

わかりづらいですが、写真の赤枠の部分に亀裂が走っています。

SMS_REPAIR_3.jpg

亀裂の延長線上で断線が2カ所、スルーホールはがれが1カ所ありました。
修理したのが以下の写真となります。
亀裂が広がると行けないので、ベタグランド部分に半田を盛って埋めています。
(本当に効果があるかは微妙ですが)

SMS_REPAIR_2.jpg

これでRGB表示できるようになりました。

マスターシステムの基板はあまり質が良さそうには見えないので、
経年劣化やコネクタの抜き差しの影響で亀裂が入った可能性はあります。
また、別の原因としてはマスターシステム用のRGBケーブルが製品化されなかった
ことから、出荷時にRGBの出力検査をしていなかった故の初期不良の見落とし
という可能性があります。

RGB出力のできないマスターシステムをお持ちの方で以下の写真と同じ基板の場合は
断線していないかチェックしてみるとよいかもしれません。

SMS_REPAIR_3.jpg

なお、DT-V1910Cへの表示ですが、画面上部にスキュー歪みがあるので
問題のある機種ということになりそうです。
現状、まともに遊べるソフトを持っていないので、
ソフトを入手したら写真をアップします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。