スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HxC Floppy Emulator 導入

遅ればせながらではありますが、PC-98用にHxC Floppy Emulatorを導入しました。
購入したのはSDカード版のRev.Fです。

PC-9821であればVFO回路を別途用意しなくても直に搭載できる
そうですので、本体内蔵という手もあります。
とはいうものの、単価が高くて複数台購入するのは厳しいので
外付けで使用することとしました。

使用した外付けドライブはELECOMのFDD-3.5Sとなります。
VFO回路が基板上に搭載されているため、
HxC Floppy Emulatorがそのまま搭載できます。
搭載して動作させた画像は以下になります。

HxC_PC-98_0.jpg

本体はPC-9801VX21を使用しました。
ソフトウェアディップスイッチ搭載前の機体ですので、
外付けドライブを#1、#2とするためにはSW1-4をONにする必要があります。

HxC Floppy Emulator Rev.Fのねじ穴ですが、確かに穴は開いてはいるのですが
ねじ切りされていないため、そのままではねじでの固定ができません。
このため、amazonで新潟精機のタップドリルセットST-4Sを購入して
対応しました。
M3×0.5を使えばミリネジで固定できるようになります。

接続については34ピンコネクタの向きさえ間違えなければ問題ありませんが、
(逆指し防止の突起が上側になるように接続する)
FDD1台用なのでそのままだとDriveSelect信号が1台分しか
結線されておりません。
2台接続とするには以下の画像のように結線する必要がありました。
(製品ロットによって基板が異なるかもしれないので、
改造する場合はテスター等で問題無いことをご確認ください)

HxC_PC-98_1.jpg

なお、HxC Floppy Emulator側のディップスイッチはID0AとID1BをONにします。

これで2HD 1.25MBのディスクは問題無く使えるようになりました。
2DDについては使う予定がないので未確認です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。