スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USB Floppy Emulator購入 その2

前回購入したのは1.44MB版のSFR1M44-U100でしたが、今回は720kB版のSFRM72-TU100Kを購入してみました。
7セグLEDが3桁のものはあまり取り扱いが無く、価格も高め(4500円弱)でしたが、eBayでの購入で、発送は香港からでした。
今回購入した物はCDやネジの添付はなく、本体だけでしたので、初めての購入だとソフトが無くて困りそうです。

以下、画像となります。見た目では1.44MB版の黒色のモデル、SFR1M44-U100Kと差異が無いように見えるので動作はファームウェアで切り替えている物と思われます。

SFRM72-TU100K_1.jpg

SFRM72-TU100K_2.jpg

ジャンパはJAとS0についており、Drive Select信号は10ピン、34ピンからはReady信号を出力する設定となっていました。
画像からは分かりづらいですが、ピンヘッダの半田付けが微妙に斜めになっているのはご愛敬です。

SFRM72-TU100K_3.jpg

2DDということで、目的としてはMSXでの使用となります。
簡易的な動作試験ではありますが、以下がフォーマットと書き込んだディスクイメージからのブートを試してみた結果になります。

Panasonic FS-A1F : 正常に動作しない
Sony HB-F1XDJ : フォーマット、ブート共にOK

FS-A1Fで使うことを意図していたのですが、期待に反して正常動作しませんでした。
フォーマットするとNot Readyになり、ブートもエラーとなります。
変換ケーブルに問題がある可能性もありますが、試しにHxC Floppy Emulatorを接続してみたところ動作したので、相性問題の可能性が高そうです。

2016/9/3 追記
FS-A1Fとの接続ですが、ジャンパーの設定を変えたら動作しました。
「USB Floppy Emulator購入 その3」をご参照ください。

HB-F1XDJでは問題無く使えそうなのですが、7セグLEDとボタンが正面に来ないので正直使いづらいです。
また、34ピンコネクタも筐体が本体側のコネクタと干渉するので、USB Floppy Emulator筐体の34ピンコネクタの下の部分を切断するなどの改造が必要となります。

以下、使い方の覚え書きとなります。

PCからイメージファイルを書き込めないといまいち使いづらいのですが、イメージを書き込むソフトウェアが手持ちのPCではうまく動作しなかったので、以下の方法で対応しております。

SFRM72-TU100KのディスクイメージはUSBメモリの先頭から100000hバイト(1048576バイト)ごとに記録されているようです。
7セグLED「000」で選択されるイメージは000000hから、「001」は100000hから、「002」は200000hからという風にベタイメージで記録されています。
MSXで利用されるディスクイメージのDSKファイルはベタイメージですのでLinux等のddコマンドであればUSBメモリに直接書き込めます。例えば、001のイメージは以下のようなコマンドで書き込めます。(001以外であればseekの設定値を変更します。また、/dev/sdXにはUSBメモリのデバイス名を指定します)

dd if=floppy001.dsk of=/dev/sdX bs=1024 seek=1024

このあたりの情報は、1.44MB版向けの情報となりますが、以下のURLを参考にしました。

https://github.com/xtcrefugee/gotek-usb-batch-files

1.44MB版では180000hごとにイメージが書かれているようです。
バッチファイルを一部書き換えれば720kB用として使えるようになると思われます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。