スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC-9821As3のIDEで認識できるスリムドライブ

ファイルベイ仕様のPC-9821As3にHxC Floppy Emulatorを搭載するために5インチベイにスリムドライブと3.5インチドライブを搭載するマウンタを購入しましたが、PC-98のIDEではドライブによっては認識できなかったり起動中にハングアップしたりするので、いくつかドライブを購入して試してみました。

結果としては以下のドライブは認識して、ディスクの読み込みも可能でした。

・NEC ND-6500A
・Sony Optiarc AD-7590A


以下のドライブはNGでした。

・Panasonic UJ-850


試してみたドライブ以外の動作は不明ですが、結果から考えるとNEC、Sony NEC Optiarc、Sony OptiarcのNEC製チップセットを搭載したスリムドライブであれば使用可能と考えてよさそうです。
Optiarc製でもMediatek製チップセットのドライブがどうなるかはわかりません。

ファイルベイに搭載した画像は以下となります。

PC-98_SlimDrive_01.jpg

注意点として、IDEのコネクタ変換にAINEX社のWA-010MSを使用したのですが、ハーフハイトドライブとは40ピンコネクタの上下が逆となっているためにケーブルをひねって接続する必要があるのですが、元からついている短いケーブルでは長さがぎりぎりになります。
コネクタが逆なのはほかの変換基板でも同じようなものが多いようなので、IDEケーブルも別途用意したほうがよかったかもしれません。

EDWARD98.SYSとCD-SD StandardでMS-DOSに認識させた結果が以下の画像となります。

PC-98_SlimDrive_02.jpg

NECDCDC.SYS、NECCDM.SYSでも認識することを確認しているので問題なく使えそうです。

欠点としては、高速なドライブであるため回転音がかなりうるさいことがあります。
本体側にそこまで高速に読み込む能力がないので、回転速度を抑えられるとよさそうです。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。