スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCエンジンの複合同期信号

PCエンジンをDT-V1910Cに表示したときに画面上部にスキュー歪みが見える原因を
調べるために、EL1883で分離したCSYNC、HSYNC、VSYNCをロジアナで見てみました。

PCE_CSYNC_1.png

茶色:CSYNC
橙色:VSYNC
黄色:HSYNC

ですが、HSYNCが1パルス分抜けている箇所があります。
なぜ抜けるかですが、同期分離用のLSIのデータシートを見る限り、
HSYNCは単純にCSYNCの立ち下がりに同期して出力されるようなので、
CSYNCに立ち下がりが無いとHSYNCは出力されないということのようです。

CSYNCの立ち下がりが無くなっている原因ですが、
PCエンジンの同期信号には等価パルスが無いことから、
HSYNCとVSYNCをXNORで合成しているだけのようです。
単純にXNORで合成してしまうとVSYNCの立ち上がりの部分で
HSYNCの立ち下がりが消えてしまいます。
また、この方法ではVSYNCがローになっている区間で
HSYNCの立ち下がりのタイミングがHSYNCのパルス分
遅れていることになります。

HSYNCの遅れよりは1パルス分かけている方が影響が大きいだろうと
言うことで、簡単な回路でパルスを無理矢理追加して試してみましたが
歪みは解消しませんでした。
DT-V1910CではHSYNCの間隔が完全にそろってないと歪んでしまうようです。

PCE_CSYNC_2.png

HSYNCとVSYNCをXNORで合成している回路はアーケード基板で
よく使われているようなので、DT-V1910Cにアーケード基板を
接続するのは相性が悪そうですね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。