スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DT-V1910Cの同期入力

これまで、DT-V1910Cの同期入力にTTLレベルの信号をそのまま直結してきましたが
本来スペックには適合しておらず、たまたま映っているだけなので
スペックに適合するように検討してみます。

まず、DT-V1910Cの同期信号入力の仕様ですが、HSYNC(CSYNC),VSYNC共
1.0Vp-p~4.0Vp-p、75オーム終端となっています。

それに対して、まずは映らなかったX68000 XVIについて考えます。
手元に初代X68000の回路があったので確認してみたところ、
本体内部で正論理のHSYNC、VSYNCをオープンコレクタインバーターの
74LS06で反転して、その出力を5V 1kオームでプルアップしていました。
これは75オーム終端のモニタに接続すると0.349Vp-pとなります。
スペックを下回っているので同期が取れるわけはありませんね。

Web上にはX68000の同期出力を複合同期にするのにHSYNCとVSYNCを
直結しているような記事がありますが、確かに両方ともオープンコレクタであれば
可能ですね。
すべての機種でそうなっている保証はないので危険なのは間違いないですが。

他の機種の場合、1Vp-pを下回らなければ映るには映りますが、
抵抗値が低いので大きな電流がながれます。
このため、出力側機器にかかる負荷が大きくなります。
貴重なレトロマシンを壊してしまうと悲しいので
同期信号がTTL出力のハードウェアは直結しない方が
よさそうです。

というわけで、対策回路を書いてみました。
たいした回路ではありませんが、構想段階で実際に試したわけではないので
動くかどうかはわかりません。
このような回路が必要な方はいないと思いますが、動作保証はまったくできませんので
作る場合は自己責任でお願いいたします。

※ 7/1記載
DT-V1910Cの同期入力 その2 に修正した回路を掲載しましたので
そちらを参照してください。

TTL入力で出力電流が多めに取れる必要があるので、74ACT04を使っています。
74ACTの場合、出力電流が大きいと電圧が若干降下するようなので、75オーム負荷で
1Vp-pよりも若干高くなるように出力抵抗を設定してあります。
簡易回路なので、インピーダンス整合は取っていません。

74ACT04を入手次第試してみます。(国内の通販だとマルツで買えるみたいです)

ちなみに、DT-V1910Cと同等のインプットカードを使う機種以外だとPVM-2950の
分離同期入力が0.5~5.0Vp-p、75オームというスペックだそうなので
PVM-2950でX68000の15kHz出力を映すという向きにも使えるのかもしれません。
保証はできませんが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。