スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DT-V1910Cの同期入力 その2

DT-V1910CにTTLの同期信号を入力するための変換回路を作ってみました。
前回掲載したものとは大きく変わっています。

TTL_TO_75OHM_2.png

このような回路が必要な方はいないとは思いますが念のため、
この回路を使用した結果、いかなる問題が起きても責任は持てませんので、
もし試す場合は自己責任でお願いします。

出力抵抗を75Ωにしたのでインピーダンス整合は取れていますが、
代わりに、出力信号が2.5Vp-p(モニタ側75Ω終端時)となっています。
実際には電圧降下があり、2Vp-p以上程度ですので、
受信側のスペックで同期信号の範囲に2Vp-p~2.5Vp-pが入っており、
かつ75Ωであれば保証はできませんが、他のモニタでも使えるかと思います。
(DTV-1710C、PVM-2950など。)

出力のカップリングコンデンサですが省略できません。
というのも、インプットカードの入力回路で極性ありの電解コンデンサで
受けているためです。(今まで気づかなかったのはチョンボでした)

DTV1910C_INCARD_1.jpg

MAXIMのWebサイトの解説によると最近のTVは極性無しのコンデンサを
使っているようですが、DT-V1910Cの場合は違っていました。
インプットカードだと取り外して簡単に見れるので便利ですね。

http://japan.maximintegrated.com/app-notes/index.mvp/id/3768

RGB信号についても同様に極性ありの電解コンデンサがついているため、
カップリングコンデンサの省略はできません。
Yahooオークションで購入した場合、時たまそういうものがあるので注意が必要です。
例えば、私が購入した中ではメガドラ2のRGBケーブルはコンデンサが
ついていませんでした。
まあ、つければいいんですけどね。

作成した回路はこんな感じでモニタに取り付けています。
電源には5VのACアダプタを使っています。

DTV1910C_TTL_TO_75OHM_2.jpg

映らなかったX68000 XVIですが、上記の回路を経由することで
映るようにはなりました。しかしながら、

DTV1910C_RGB_X68K_1.jpg

こんな感じで16:9で認識されてしまいます。
どうも、認識できない信号が来ると問答無用で16:9にされてしまうようです。
ただし、すべてで16:9になるわけではなく、480i、480pと認識できる信号であれば
4:3になります。
以下はストリートファイターIIで画面モードを変更した場合の表示です。

DTV1910C_RGB_X68K_2.jpg

DTV1910C_RGB_X68K_3.jpg

DTV1910C_RGB_X68K_4.jpg

一番上の15kHz表示が4:3になっていますが、信号によっては15kHzでも16:9に
なります。標準的な解像度は16:9になると考えてよいです。

調整すれば画面の中央に小さく表示はされるもののアスペクト比を合わせることは
ギリギリ可能です。

DTV1910C_RGB_X68K_5.jpg

画質的にも特に問題ありませんが、14インチモニタよりも表示領域が狭いと
思われますので、X68000にDT-V1910Cを使う意味は薄いかと思います。
まあ、16:9になるとはいえ、15kHzと31kHzはどんな解像度でも映りそうでは
ありますが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。