スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

freedos(98)にフロッピーディスクを認識させる

freedos(98)はブートしたHDDをAドライブと認識するだけで、
フロッピーディスクにアクセスできないという問題がありますが、
前回MOを認識させたのと同様にデバイスドライバを組み込んでやれば
フロッピーディスクも認識させることができるはずです。

MS-DOSでは標準対応のフロッピーディスクを読み書きするデバイスドライバが
あるのかと思いきや、vectorを検索してみると1.44MBのフロッピーディスクに
アクセスするためのドライバがいくつかありました。
以下を組み合わせて使うこととします。

FD144 http://www.vector.co.jp/soft/dos/hardware/se000695.html
EXTDISK http://www.vector.co.jp/soft/dos/hardware/se015717.html

実験はエミュレータでも可能なので、T98-Nextを使用します。
それぞれ単独では次のようになります。

FD144 : ドライブレターが出現し1.44MBのディスクのみアクセス可能となる
EXTDISK : ドライブが見つからずに組み込みに失敗する

EXTDISKはEXTDISKL.BPBを使用すれば2HD 1.25MBや2DDのフロッピーも
扱えますので、FD144でドライブレターを出現させた上でEXTDISKを組み込む
ことで組み込みを成功させます。

具体的にはCONFIG.SYSに以下のように記述します。
EXTDISKL.BPBはEXTDISK.BPBにリネームしてEXTDISK.SYSと
同じディレクトリに配置しておいてください。
(ここではa:\extdiskディレクトリに配置しています)

device=a:\fdd144\fd144.exe /gioctl
device=a:\extdisk\extdisk.sys

結果、以下の画像のようにDドライブ、Eドライブとして認識します。

freedos98_fdd.png

試しに闘神都市IIを
D:\>alsmenu d: a:
としてインストールしたところ、特に問題無くインストールできましたので
問題はなさそうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。