スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DT-V1910Cにゲーム機を接続する話

今回はJVC(現JVCケンウッド)が販売していた放送局、プロダクション用CRTモニタ、
DT-V1910Cにゲーム機を接続した場合の動作についてお話しします。
メーカーの想定外の使い方になると思われるので、記載した内容について
JVCケンウッドに問い合わせるのはご遠慮ください。

手軽に使うならば、今時ブラウン管モニタを買うよりは液晶の方が便利ですが、
レトロゲーム機の場合はブラウン管の方が向いてます。

JVCのモニターはソニー製に比べて人気がないらしく、DT-V1710C(17インチ版)、
DT-1910Cは中古の出物さえあればそこそこ安く購入できるので
個人的には気に入っています。
さすがに新品は生産完了でもう売っていません
(海外モデルのDT-V1910CGはわかりませんが)

家庭で使う場合元々向いていない面はあるものの、
入力端子の自由度が高い分PVMやBVMよりは使い勝手がよいと判断しています。
RGBを映すにはRGB/コンポーネント用のインプットカードを
別途購入する必要がありますが、新品で買うと高いので
中古品を買うときは刺さっているものを選んだ方がよいです。
単品の中古でも安く手に入りますが、なかなか出てきません。

本来、画質評価用のモニタですので、NTSC規格外の信号が多い
旧型のゲーム機をつなぐには向いていないのですが、
写ったときの画質がすばらしいので使っています。
ただし、高画質でみるにはコンポーネントかRGBでの接続が必須です。
(SDI/HD-SDIは個人では不要でしょう)

21ピンRGBでの接続環境ですが、以下のようになっています。
VGA、コンポーネントの場合は直結です。
(DT-V1910Cの同期信号の仕様は4Vppまでなので、5Vppの可能性のある信号の直結は
本来はよろしくないです。)

ゲーム機
->21ピンRGB
->Selecty21
->Dsub15シュリンクDsub15変換コネクタ
->エレコムのBNCケーブル
->DT-V1910C

※7/1追記
同期信号にTTLレベルの信号を直接入力するのは問題がありますので、
BNCケーブルとDT-V1910Cの同期信号入力の間に
DT-V1910Cの同期入力 その2 に掲載している回路を
挟んだほうがよいです。

ちなみにSelecty21のHSyncはコンポジットシンクのようで、
VSyncをつながなくても映ります。

で、接続してみた結果ですが以下の機種は私が気づく範囲内で
問題無く映りました。
(すべての画面モードで大丈夫かはわかりません)
コンポーネントで接続できる機種は問題無く映る上、
十分画質はよいので無理してRGB接続する必要は無いと思います。

※5/28追記:ドリームキャスト、Nintendo64、PC-98DO+および参考画像を追加
画像ではスキャンラインは目立ちませんが、実際はくっきり見えます。

※6/5追記 :NEOGEO CDを追加


・RGB出力改造ニューファミコン(ヤフオクで購入)

DTV1910C_RGB_FC_1.jpg

・RGB出力改造スーパーファミコンジュニア(自作)

DTV1910C_RGB_SFC_1.jpg

・メガドライブ2

DTV1910C_RGB_MD_1.jpg

DTV1910C_RGB_MD_2.jpg

・セガサターン(RGBケーブルはGND全結線のものを購入)

DTV1910C_RGB_SS_1.jpg

DTV1910C_RGB_SS_2.jpg

・RGB出力改造3DO REAL(自作)

DTV1910C_RGB_3DO_1.jpg

DTV1910C_RGB_3DO_2.jpg

・MSX TurboR FS-A1GT

DTV1910C_RGB_A1GT_1.jpg

DTV1910C_RGB_A1GT_2.jpg

・1chip MSXの31kHz(15kHzは未確認)

DTV1910C_RGB_1chipMSX_1.jpg

DTV1910C_RGB_1chipMSX_2.jpg

・ドリームキャスト(VGA, 15kHz共にOK)

DTV1910C_RGB_DC_1.jpg

DTV1910C_RGB_DC_2.jpg

・RGB出力改造Nintendo64(ヤフオクで購入)

DTV1910C_RGB_N64_1.jpg

・PC-98DO+のPC88 15kHzモード

DTV1910C_RGB_98DO_88_15kHz_1.jpg

・PlayStation3(コンポーネント接続)
・ゲームキューブ(コンポーネント接続)
・XBox360(コンポーネント接続 HDMIなしの古いモデル)


以下は表示に問題のある機種となります。

・X68000XVI (Human68kの画面がNO SYNCと表示されて映らない。15kHzは未確認)
・RGB出力改造PCエンジンDUO-R
(オークションで購入。画質は一番よいのですが、画面上部にスキュー歪みあり)

DTV1910C_RGB_PCE_1.jpg

DTV1910C_RGB_PCE_2.jpg

・PC-98DO+のPC88 24kHzモード

DTV1910C_RGB_98DO_88_24kHz_1.jpg

・PC-98DO+のPC98モード
(PC88,PC98の24kHzはサポート外ながら映ることは映るのですが、16:9で表示され、画面の左右がかける)

・NEOGEO CD (画面上部にスキュー歪みあり)

DTV1910C_RGB_NGCD_1.jpg

PCエンジンは2台で同じ現象なので出力されている同期信号を
うまく処理できないようです。
海外のホームページで拡張コネクタにHSYNC、VSYNCがアサインされているような
記事を見かけたので、機会があれば分離同期で試してみたいところです。
(外部出力向けに使えるかどうかはわかりませんが)

NEOGEO CDはS端子接続でも同じようにスキュー歪みがでています。
NEOGEOの複合同期信号とは相性が悪そうです。


最後にこのモニタの弱点を以下に挙げます。

・D1からD4までのマルチスキャンモニタ故、D1のインターレースではゲームによっては
フリッカーがきついです。フリッカーが気になるかどうかは機種によりますが、
プレイステーション2とサターンがきつい印象です。
PS2は初期型のPS3にすればアプコンで480pになるので、それで対策する手はあります。

・D4の画質ですが、D3までと比べて若干画像のエッジにリンキングが乗るのと、
フォーカスが甘い感じがあるので完璧とはいえません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。