スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC-9821 modelS1死亡

PC-9821 model S1は私の初めてのマイPCだったのですが、
ついに故障してしまいました。
購入したのは1992年の秋だったと記憶していますので、
20年ちょっとの寿命だったことになります。

原因なのですが、以下の画像をご覧ください。

PC9821S1_01.jpg

レトロPCを扱っている人ならば何が起こっているか予想がつくと思いますが、
Ni-cd電池が壮絶に液漏れしていました。

PC9821S1_02.jpg

メモリの増設スロットも緑色になっていますね(汗)

PC-98のバッテリーバックアップ用の電池ですが、PC-9801FA以降の機種では
Ni-Cd電池では無くなっていると聞いていたので、特に警戒していなかったのですが、
PC-9821初代には搭載されていました。
PC-98GSの設計を受け継いでいるからでしょうか。

何しろ、裏向きに隠れるように搭載されていたため、
目視では簡単には見つからなかったのです。
現在でもPC-9821初代機を使われている方がいましたら(っているのか?)
電池は早めに撤去してください。

マザー交換すれば直りそうですが、PC-9821初代機はPC-9821Ceに対して
すべてにおいて下位の性能なのでやる気になりません。
記念すべき初代機ではありますが・・・。

せっかくなのでマザーボードの写真を公開しておきます。
Viper Jet Type1が載っていますが、マザーが故障してしまってはどうにもなりません。

PC9821S1_03.jpg

サブボードを外した画像です。ICがぬれているのは洗浄液の跡ですが、
当然ながら洗浄しても意味はありませんでした。

PC9821S1_05.jpg

マザーの裏面です

PC9821S1_04.jpg

サブボードです。音源のDACが乗っていますね。

PC9821S1_06.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。